《 御客様へ、文字化けについて 》

iPhoneでブラウザ・メールが文字化けする時の解決方法

iPhoneでウェブサイトを閲覧しようとしたときや、受信メールを開いたときに、まれに文字化けして読めないということが起こります。
特に、iOS9にアップデートしてから文字化けするようになったという報告が目立つようです。

文字化けのほとんどはエンコーディングの違いが主な原因となっています。
デスクトップ用のブラウザであればエンコード設定を変更するメニューがあるので問題はすぐに解決できますが、iPhoneにはエンコード設定のメニューがないので困ってしまいます。

今回は、iPhoneでブラウザやメールが文字化けする時の解決方法をご説明します。

文字化けの原因

  1. インターネットのメールサーバーは、もともと英語を処理するように設計されており、日本語には対応していません。日本語の文字にはそれぞれ番号が振り当てられ(文字コード)、文字情報としてではなくその番号が情報として通信上でやり取りされます。
  2. ですが、文字コードは複数存在するため、テキストの制作側で設定した文字コードを受け手(閲覧者)側で正しく解釈できないという場合があります。そのようときに文字化けが起こります。
  3. 最近のウェブページの文字コードはUTF-8が一般的でありiPhoneでも問題なく閲覧できるのですが、まれにShift-JISという文字コードで書かれたウェブページも存在しており、そうしたサイトをiPhoneで閲覧しようとすると文字化けしてしまうのです。
Safariで文字化けしてしまったときの解決方法

iPhoneの標準ブラウザ「Safari」でサイトを閲覧しようとしたときに文字化けしてしまう場合は、次に紹介する3つの方法をおためしください。

<ドルフィンブラウザで見る>
無料アプリ「ドルフィンブラウザ」を使えば、Safariで文字化けしてしまったサイトも問題なく閲覧することができます。
特に難しい設定などは必要なく、アプリをインストールし、閲覧したページのURLを入力するだけです。

<Yahoo!翻訳(ウェブ翻訳)で翻訳>
Safariで文字化けしてしまったサイトのURLを「Yahoo!翻訳」に入力します。そして言語選択を「英語→日本語」に設定し、「翻訳」をクリックしてください。
文字化けが解消された正しい文章が表示されます。

<無料アプリ「文字コード選択」を使う>
iPhoneに無料アプリ「文字コード選択Webユーティリティ」をインストールします。
アプリをインストールした状態で文字化けしてしまったサイトのULRの前に「ch」と追加しページを開きなおすと、アプリが立ち上がり、正しい文章が表示されます。